Posted by at

2015年09月22日

ぬけ穴のむこ


 三人は、さっと左右にわかれると、ピタリと壁に背をつけた。
 床の間のように、くぼんだ壁のすぐ向こうがわは、階段になっているらしく、しだいにそれをのぼってくる足音が、手にとるようにきこえる。三人は息をころして、その足音が、階段をのぼりきるのを待っていた。
 息づまるような数秒間――。
 足音はとうとう階段をのぼりきると、壁の向こうで、なにやらガサガサひっかきまわしていたが、するととつぜん、くぼみの壁がスルスルと右のほうへすいこまれて、そこに二メートル四方ほどの穴があいたのだ。そして、そこからひょいと外をのぞいた顔……。
 ああ、その顔を見たとたん、滋は、おそろしい悲鳴がのどをついて出るのを、どうしてもおさえることができなかった。
 そいつはやせて、背の高い男だった。そして身にはまっ黒な背広をき、頭にはまっ黒な中折れ帽をかぶっていた。
 しかも、その中折れ帽のまわりには、これまた、まっ黒な布をたらしているのだったが、|誰《だれ》も見ているものはないと安心したのか、そいつは、|骸《がい》|骨《こつ》のような手で、ひょいとその布をまくりあげたのである。
 滋が悲鳴をあげたのは、じつにその瞬間だった――。
 布の下からのぞいた顔――。
 ああ、それは絵にかいたどくろそっくりではないか。
 滋の悲鳴をきくと、しまったとばかりに、そいつは身をひるがえし、ころげるように、階段をかけおりていった。
 あまりのことに、ぼうぜんとして立ちすくんだ三人の目のまえに、ふたたび、壁がスルスルとしまっていく。

 滋はいうにおよばず、謙三や金田一耕助も、しばらくは棒をのんだように立ちすくんでいたが、さすがは名探偵金田一耕助、すぐにはっと気をとりなおすと、さっき見つけておいたかくしボタンにとびついた。
 そして、いろいろいじっているうちに、こんどはうまく、ツボにはまったらしく、ぬけ穴の入口がふたたび、スルスルとひらいたのだ。
 金田一耕助はふたりのほうをふりかえると、
「立花君、滋君、きみたちはここにのこっていてもいいのですよ。うに、どんな危険が待っているかも知れませんからね」
「いいえ、金田一さん、ぼくはいきます」
 言下に謙三が答えた。
「ぼくだって……ぼくだっていきます」
「よし、それじゃきたまえ」
 かくし戸のすぐうちがわは、一畳じきぐらいの板の間になっていて、そこから急な階段が、下へつづいているのだ。
 さすがに金田一耕助は、探偵だけあって、いついかなる場合でも、懐中電燈をわすれない。それは、てのひらにはいるくらいの、小さな豆懐中電燈だが、明かるいことはおどろくばかり、しかも、ふつうの懐中電燈よりずっとひろく光線がひろがるのだ。
「気をつけてくださいよ。ふみはずすと、けがをしますよ」  


Posted by 寒风瑟瑟 at 15:38Comments(0)

2015年09月20日

がありますね



明日朝7時から引越しって…。
早いだろーが。

向こうに指定されるってのはツラいもん。

ここんとこずっと寝不足。
なぜなら夜中にコソコソゴミ出してるからです。

ていうか仕事終わってから荷造りとかなかなかキツイ。

職場では仲いい人以外には同棲す慈善活動ることを言ってないから

家のこと聞かれたときに「1Kですね~」とかニセの家賃とか答えてる猿芝居が非常にめんどくさいです。


って愚痴はやめて。



いよいよこの街を離れる時が来ました。


本当にいろんなことがあった。

嬉しい記憶より、苦しくてもどかしくて切ない思い出の方が多いです。

思い出すと胸がギューっとなります。

初めて来たのは10代の時でした。
初めて付き合った人が住んでいた街。

実家から1時間40分去凹凸洞かけて毎週通った街。

そして彼と別れてしばらくは行きたくなかった街。

でも23才、初めての1人暮らしに選んだのもこの街でした。

それから6年、あっという間だった。

別に遠くに引っ越すわけじゃないし、むしろわりと近いんですけどね。。


まぁそんな思い出を除いても、ここは本当に住みやすくて便利で良い街です。
おすすめします。

なぜこのエリアに住むことをもっと激光去印價錢押さなかったのかと今更後悔してます。


ていうか朝7時は早いよー。  


Posted by 寒风瑟瑟 at 12:05Comments(0)

2015年08月28日

幼かったとはい

 メレッサは激怒した。とんでもない奴等だ。恩を仇で返すなんて。八つ裂きにしても飽き足らない。もし、彼らが裏切らなかったら、私はメイドなんかしなくて、もっといい暮らしができていたかもしれないのだ。
「そいつら、捕まったの?」
「いえ、捕まってないと思うわ」
 今の権力があればそいつらを探せる、絶対脫毛優惠に捕まえてやる。
「探して、捕まえよう。鞭打ちで殺してやる」
「メレッサ、なんて事を言うの。そんな恐ろしいこと考えるもんじゃありません」
 メレッサは驚いた、お人好しにも限度がある。
「かあさんは、そいつらが憎くないの?」
 母は困ったようにメレッサを見た。母の正義感はメレッサの理解を越えていた。
「それは逆ね、恨まれていたの。私たちは強大な権力を持っているから、自分ではそれと気がつかなくても人を傷つけているのよ。兵士に恨まれていることに気がつかず、権力がなくなっても今まで通り仕えてくれると思っていた私がバカだったのよ」
 置き去りにされる時その理由を言われたのかもしれないが、でも納得できなかった。
「でも、裏切りは許せないわ」
「もし、あなたがセシルと逃げることになったらどうする?」
 セシル! 相手がセシルなら、宝石を奪って、どこかの星收副乳に置き去りにしてやる。でも、セシルはそれだけひどい事を私にしたのだ。
 母にはメレッサの心の中が見えるように話を続けた。
「ね、そうでしょう。恨まれていたのね。セシルのようになっちゃだめよ。あなた、かなり横柄に侍女を使っているわ。彼女達はみんなあなたより年上よ。もっと丁寧に接しなさい」
 母の言う事も分からないではないが。納得できなかった。え、私も置き去りにされたのだから、私にも仕返しをする権利がある。メレッサは彼らを絶対に探し出すつもりだった。
 母は話が終わったと思ってミルクを飲んでいる。しかし、あと一つ聞きたかった。
「父に何を要求したの?」
 こんな事を質問して母がいやがるかなとも思ったが、母はにやにやしている。
 母はミルクをおもむろにテーブルに置くと。
「私と正式に結婚すること、側室を退けること、あなたを跡継ぎに指名すること、よ」
 びっくりである。すごい要求だ。
「で、どうなった?」
「あっさり、拒否されたわ。『バカヤロウ』って」
 これは、納得である、この要求はいくら何でも無理だろう。
「ここで、生きていくには皇帝に気に入られるしかない、せい詩琳ぜい着飾って頑張るわ」
 母はけっこう気楽に話す、しかし、今の言葉は自傷的に聞こえた。内心は苦しいのかもしれない。
  


Posted by 寒风瑟瑟 at 15:22Comments(0)

2015年08月12日

おばあちゃんも



「見掛けだけよ、見掛け」と、逸子は笑う。「女手でこんな商売をしていると、見掛けだけでもパリッとしてないとなめられちゃうのね。そういう点じゃ、男の人はいいと思うわ。わたしも男に生まれたかった。家事とか、女らしいことはみんな苦手だし」
 逸子は台所のなかを見回した。
「古い家なのに、きれいに住んでいらしたのね。麻生さんもきれい好きなんでしょう」
「古い家だから、きれいにしとかないとダメだっ雪纖瘦黑店たんですよ。ホントにおんぼろボロ屋だもの」
「障子があるのよね。うらやましい」
 逸子の言葉で、毎年暮れになると、祖母とふたりで障子張りをしたことを思い出した。当たり前のようにこなしてきた習慣なのに、思い出になってしまうと、なぜこんなに重いのだろう。不意に目尻に涙がにじんできて、逸子に悟られないために目をそらした。
「もう、荷物の片づけを始めてるんですね」
 智子の涙に気づかないふりをして、逸子が言った。
「二階なんか段ボール箱だらけになってたけどそんなに急がなくてもいいんですよ」
「どっちみち、いろいろ整理しなくちゃならないので」
 智子は言って、コーヒーのお代わりを入れに立ちあがった。
「あと残ってるのは、階段の下の物置に入ってる荷物醫學美容邊間好だけなんです。これはホントにびっくり箱でね。両親が亡くなったとき、今のわたしと同じようにして、祖母が両親の荷物を整理したの。で、捨てられないものを全部そこに入れちゃったのね。このあいだ、ちょっと戸を開けてなかをのぞいてみて、すぐにそれがわかったから、パタンと閉めちゃった」
 逸子の目が、少し曇った。「おばあちゃんのことだけでも辛いのに、亡くなった御両親の思い出も、いっしょに掘り出さないとならないんですものね」
 智子はちょっと笑った。「ううん……それはそうでもないの。両親のことについては、辛い時期はもうとっくに過ぎたから。ただ、本当に言葉どおりのびっくり箱なんですよ。わたし、両親のことほとんど覚えてないから」
 逸子は驚いたようだった。「亡くなったとき、麻生さんは八歳でしょ?」
「普通だったら、その歳で親と死に別れても、記憶は残る──ものですよね?」
 逸子はぎくしゃくとうなずいた。「ええ、たぶん」
「だけどわたしの場合は違うんです」
 智子は、両親を失った事故の次第を説明した。
「わたしは後部座席に乗っていて、ひとりだけ生き残った。だけど、大怪我をしたの。おまけに頭を強く打って、そのときまでの記憶をなくしちゃったんですよ」
 逸子は目を見開いた。「記憶喪失っていう意味かしら」
「そうですね……今でも、なくした記憶は戻りません。お医者さま昇華在線の話だと、わたしみたいに事故とかで頭を打った場合、その直前までの──一日分とか、数時間分ぐらいの──記憶が消えてしまうってことは、よくあるんですって。『逆行性健忘』っていうんだそうですけど」
「うん、そういう言葉を聞いたことがあるような気がするわ」  


Posted by 寒风瑟瑟 at 16:49Comments(0)瑪花纖體效果

2015年07月31日

在文字里尋找快樂

他,一個愛好文字的人,每天趴在電腦前寫自己文字。每晚,大概10點多,他便會打開電腦,對著螢幕,敲著鍵盤,一篇篇地更新著自己的博客。

手邊會放一杯茶,有時是綠茶,有時會是紅茶,不管是淡綠,還是深紅,都可以在提神的前提下,給他靈感。

有的時候,因為這樣或那樣的事情,他會寫的很晚,但是他發現YOOX 購物總會有一個人來看他的文字,而且每次看完都會發一些自己的點評。記得有一次,對方發了一個紙條,為他為什麼他的故事大抵都是悲劇結束的。他回了他一張紙條,說自己是一個孤單的人,情感的缺失讓他得不到快樂,自然會把自己的感受帶到自己的文字之中。

不知何時,他發現對方很久沒有來看他的文字,在一絲好奇之下,他依然堅持著自己的文字。那晚,不知為何,寫了一篇文字,提到了那個朋友,說怎麼很久沒有來,很想念這位以前每天都來的朋友,希望對方可以繼續來支持自己的同時,為自己多提意見。

沒過多久,果然又看到了那個朋友的點評,點評中說:希望他能多出去走走,散散心,讓陽光多沐浴一些他這個暗夜的精靈,那樣文字也會變得更陽光一些。

突然覺得這個朋友很有意思,第一次他有了一種衝動,問她:如果你願意,希望可以和你從朋友做起。對方似乎明白了他的意思,回他說:我結婚了,我很愛我的老公,希望你沒有別的想法,不過我很高興認識你這個朋友,我會一直關注你的。他只說了一聲:謝謝!便沒有了下文。

那之後,她又是很久沒有來看他的文字,這一次的YOOX 購物時間比上次更長。這期間,他整個人像丟了魂一般,每天面對著電腦,總是良久的發呆,長久地打不出字來。

於是,他開始點開她的博客,一個鏈接一個鏈接地看著不知道是誰的文字。卻在一個人的博客裏發現了她的足跡,她在別人的點評中寫道:我曾經也遇到一個很喜歡文字的人,在一段時間裏,甚至喜歡上了他的文字,只是他的文字都很沉淪,本以為自己會喜歡上那個寫文字的男子,但是最後還是放棄了。

依次向下拉著頁面,看著下麵的文字,有的人說放棄了也好,網路上的情感都不現實,也有人說只要是深深的愛,一定能將所有的一切障礙衝破,網戀也是有真感情的……

他就這樣一條條地看著,看到最後,竟然熱血上湧。他給她發了一條消息:你知道我是誰嗎?對方線上的,很快回復說:你是???望著那一連串的問號,他說:我是你曾經經常去看的那個博客的博主,剛才看了你在你朋友那裏的一些話語……

那以後,他依然會寫自己的文字。後來,他得知,那個博主在YOOX 購物國慶假期結婚了,而她的老公,也是一個喜歡寫悲劇小說的人。

他這才知道,她那天說自己已經結婚了,只是為了……  


Posted by 寒风瑟瑟 at 18:15Comments(0)DR集團

2015年07月20日

拾起記憶釋放在蕭泣的純淨裏



凜冽的頻催,將怒吼的嬌顏撕裂,那縷縷亂風的咆哮,拭盡枝散葉離上的癲狂與嗚咽。描摹了一曲冬初秀顏的朦朧錦色,渾渾噩噩、輕輕落落,都在這雨滴的魂落與雪灑的悠揚中,感受著一場雪碎下的滂沱與喧囂……

猙獰的冷落,裹挾著風掀的疏離,在濃雲的綢繆下,暗度了水解蛋白一隅冬冽的眉色。迢迢的絲絲雨魂,在清寒的朝暮下,婉轉了碎簾下的涼薄謳歌,淺淺的,輕輕的,卻是濃稠而纏綿,這樣的雨泣,也是一場折柳依依下的長亭惜別吧?

雨幕的輕戀,就在朦朧的鉛色下,撿拾起秋淺的記憶。慕寒的搖落,游離了葉纖枝蕤的思緒,在枯隼的枝枝椏椏上,點綴著雨碎的晶瑩。絲絲圓潤的涼,沁骨而寒生,就在這一點一滴中串起盈亮的剔透,釋放在蕭泣的純淨裏演繹著凋殘的無聲。

濕潤了輕階的悄悄,不知在何時起,隨風翩躚了牛奶敏感雪碎的舞蹈。冰涼的雨滴,夾雜著簇簇而落的雪染,隨風而輕盈,揚揚灑灑,飄絮的淚與雪染的輕盈,點綴著陰鬱的蒼茫,瞬緩而疾馳,天地間,共沐著一色的朦朧……

漸漸地,漫染的雪碎,追逐著輕籠在枯朽枝瓊上的隨風,一抹恬靜的優雅,悄無聲息的款款而行。剛剛還碎點琅嬛,羞澀的半掩嬌顏,轉眼間,就闊步而徐,妙走在方圓。冬之精靈的簇簇而落,將蝶飛的玉染,鋪滿浩渺的蒼穹。

終究是細雨執著?還是碎雪執於一念?或許,無果於這樣的一場糾纏,總是言不明,道不清。落盡瓊花天不惜,封他梅蕊玉無香。那千樹萬樹的梨花勁開,可曾放下執念的牽繞,吟瓊池而染嬰兒濕疹點點寒蕊的綻放?漫灑的輕舞,可是自在於安閒,而豁達於心間?

一場浩渺的白雪皚皚,撲簌簌在林間的影斜向晚。那影淡的梳妝,綽約在吟雪的素雅中,將柳絮的簇簇擎起。在紛雜的喧囂中,相伴著雪落的岑寂與寧靜,將這份無染靜靜塵封……那恬然的靜雅,久久而揮之不去……

  


Posted by 寒风瑟瑟 at 16:26Comments(0)

2015年07月07日

寂寞的身影回憶的旋律




人,生來就有兩只眼睛,但我只用一只眼睛。我用一只眼睛看世界,然後我把另一只眼睛留給了自己。在看別人的同時,不管是別人的優點還是缺點,我都會提醒自己,先看看自已。

初冬的夜晚,寒氣逼人。窗外,那幾盞dermes 激光脫毛不知疲憊的路燈,拉長了寂寞的身影。仰望夜空,更顯夜的傷悲。有多少個夜晚,都是這樣度過的。無眠,獨自坐在電腦前,抱著本本,十指熟悉地游離在鍵盤上,一字字地抒寫著我的哀愁,我的傷痛。本本裏輕輕地唱著一首回憶的旋律,此刻,時間停在淩晨一點。這個時候,我想,我該寫點什麼吧!

依窗而傍,多少次,俯首間,愁緒暗湧,萬千感慨。時光匆匆,流年似水,在喧鬧的雪纖瘦困惑中,屬於我的歲月已經悄悄流逝了很多、很多。不在權勢中奔走,不在懦弱中等待,只是踏著自己喜歡的路,只為文字,只為真情、真理,昂首挺胸,一步一個腳印向前慢慢行走——這就是我!

有人說,我比較冷血。其實非也,每個人都是有感情的,最主要的是要分人與事。晚上,因為朋友的盛情,再加上自己也舍不下那段情,再次進了這個曾經非常熟悉,後來一度補習懷念的後花園。跟一群久不曾得瑟的朋友們聊了許久,內容無非是一些天馬行空的,能讓人開懷一笑的,無關於利益功過的。在這裏,跟他們一起聊天也好,聚餐也罷,感覺都是最輕鬆的,同時,也是最能讓我放肆的一個圈子。有些感情,我會一輩子珍惜!  


Posted by 寒风瑟瑟 at 12:31Comments(0)願景村

2015年07月03日

愛是相伴鼓勵走向未知的未來


我不需要多麼完美的愛情,我只需要有一個人永遠不會放棄我。

不要總是覺得自己長的很醜,智商太低,生活會一直窮韓國 午餐肉困下去,因為如果你這樣感覺,那麼這些就會成為事實,跟你如影隨形。相反,你應該對未來充滿希望和自信,於是乎,你就會發現它真的如你期待的那樣了。

失敗時時常和自己說:生活或許總有遺憾,但未來依舊美好。

慢慢的,你會養成另外一種心情對付過去的事:就是能夠想到而不再驚心動魄,能夠從客觀的立場分析前因後果,做將來的借鑒,以免重蹈覆轍。一個人惟有敢於正視現實,正視錯誤,用理智分析,徹底感悟,才不至於被回憶侵蝕。我相信你逐漸會學會這一套,越來越堅強的。

真正愛你的人,絕不會離開你。他縱有千百個理由放棄,卻也總會找一個理由堅持下去。

人的一生,如果真的有什麼事情叫作無愧無悔的話,就是童年裏有遊韓國 午餐肉戲的歡樂,青春中有漂泊的經歷,等到老了有難忘的回憶。

愛,最需要的是舒坦。如果感覺自由、舒服、安心,你就愛對了;如果感覺處處被掣肘、受控制、沒了自我,就該考慮調整了。愛,是互相依靠,相互溫暖,相伴鼓勵走向未知的未來。如果感覺在進步、在成長那就對了;如果,感覺累、反而沒了方向,那就該調整了。

人生有三種苦:你得不到,所以痛苦;得到了,卻不過如此,也會覺得痛苦;輕易地放棄了,後來卻發現,原來它在你生命中是那麼重要,所以覺得痛苦。既然,得不到、得到了、放棄時都會痛苦,何不把人生的得失看輕一些,保持一顆平常心,痛苦不就會隨之而減輕嗎?

原諒他人的錯誤,不一定全是美德。漠視自己的錯誤,倒是一種最不負責的釋放。—三毛

任何你覺得自然的,好的,可以治療你的,任何你覺得你在它韓國 午餐肉裏面會變完整的,不會分裂的,那就是你的路,順著它,流進它,相信它。

對於三十歲以後的人來說,十年八年不過是指縫間的事;而對於年輕人而言,三年五年就可以是一生一世。—張愛玲《十八春》

  


Posted by 寒风瑟瑟 at 01:15Comments(0)DR集團

2015年06月30日

靈魂遊蕩沉寂般的靜



一地記憶的碎片,但是從來沒有一個人,可以揀起全部......

思緒,很混沌而又悲傷,歎往日匆匆過去,歎生命百般無奈。喜歡人生本無常意的惆悵。從不在淚水裏沐浴,享受著珍珠般的高貴,就算有著窒息一樣的惆悵。虧欠,迷惘,然後逃避在流浪的路上,無思無緒,也要看見美麗,聽到理想,嗅到清新,觸不到感傷。別讓靈魂遊蕩。就算真的是在十字路口了?也要讓自己知道應該怎麼走!

內心無力之時總有好多話想說,那麼多的朋友卻找不到一個可以挖出來吐個痛快;編寫好的宣洩的短信,那麼多的聯繫人卻找不到一個“收件人”的名字,再默默的刪除了。

夜涼如初秋早上清菊瓣尖的露珠,夢境裏你面容依舊,輕擁著感受久違的溫柔,真想沉睡於夢境中不願醒來。好像手心的溫度依然停留在我的指尖,枕邊的清冷輕撫夜夢醒時心的微痛,落寞的心情便彌漫滿整個房間。它是否能溶盡四周的黑暗?

到處彌漫著沉寂般的靜,連風兒也無力再發出任何的聲響,它們也怕打破這所謂的寧靜。就讓沉睡中的人兒繼續這他的美夢。因這現實的殘酷,他們把自己包裝的很嚴實,似乎打算與這世界進行一場無聲的硝煙。偶爾有一兩滴奈不住寂寞的水珠會發出清脆的旋律從高處落下,以擲地有聲之勢宣告其曾經來過這冷寂的世界。

紅塵夢中,緣聚緣散,當愛已成為屋簷上孤獨開放的無名小花,剩下的全是一些瓦礫,是否也正在蒼傷著?

於是,孤獨的守侯著電腦,聽著傷感莫名的歌,抽著香煙,寫著東西。看那夾在指間的煙,點燃,即使不抽也會燃盡。就象元宵節燃放的煙花般的愛情,一旦點燃,無論動與不動也會焚燒。最終整個軀體化成灰燼,卻不是結束,而是開始。

我是一個自私的人,也許可以說,寂寞著的人大都是自私的吧!因為屬於自己的東西太少太少,也就不可能這麼大方的去遺忘掉以前曾經發生的自己同時擁有過的故事,就會無情的自私的強迫著自己去記住曾經屬於自己的每一個故事,高興的、悲傷的、愛的、恨的,自私的保存在記憶裏,裏面有自己最真實的情感,不舍得去忘記。

別跟我說,一個人的寂寞是兩個人的錯,但是風會錯嗎?是不是它迷失了方向,找不到要去的地方了。也許人生就是一次美麗的邂逅,就如那初夏的陽光相約小雨時出現的彩虹,很多的時候,我常會問自己,落葉飄零,今生為誰而舞呢?

這一次,終是把自己問結了,唯有在暖風張揚的季節,獨自上演肝腸寸斷的結局。

不知道是孤獨習慣了我,還是我習慣了孤獨,用我同樣孤獨的文字編排著同樣孤獨的心情。城市中的燈紅酒綠作了它無言的背景布,那麼的淒美,淒美得讓人心疼。

在把內心的感受和想法表達出來的時候,總覺得底氣不足,渾身輕飄飄的希望抓住一些實際的東西來穩住自己,混亂中想盡力把它扔掉,擲出去才發現是如此不能承受之輕。

不要試圖撕開準備封存的,就讓它好好的葬在已經累累的心裏……  


Posted by 寒风瑟瑟 at 14:03Comments(0)MathConcept奧數

2015年06月25日

繁雜的思緒帶著傷痛成長




只有悲傷的人寫下的文字,才是真正懂得寂寞的疼!愛了,傷了、累了,也痛了,剩下的只有沉默。悲傷的旋律還在一遍一遍地重複著,繼續著……

習慣在深夜的時候睜開眼睛看著周圍黑漆一片。寂寞的月光像一張網,撒落在黑夜裏的每一個角落,悲傷的心緒,在那一刹那被釋放。

情願在漆黑的夜裏數著傷痛睡去,也不願讓別人知道。這樣的日子固然難熬,但卻不曾後悔。早已註定的結局,只能選擇沉默,所以學會隱忍,沒有給自己留下任何奢望的可能。

聽著張惠妹的《我可以抱你嗎》“外面下著雨,猶如我心血在滴,愛你那麼久,其實算算不容易,就要分東西……”早已習慣在沒有人的時候聽一些傷感的歌,每一首能打動人的歌背後都有著一個感人的故事。聽著傷感的歌,流著沒有人心疼的淚,守著沒有人分享的哀傷!此刻,只有文字最懂我,在這深邃之夜,陪著我一起唱寂寞的歌……

夜,寒風滲透皮膚,給人的感覺更加淒涼!透徹心扉的寒意與心痛產生共鳴。這樣的夜晚,我一度讓自己沉淪……喧囂的世界,沉浸在自己死寂般的哀傷中!我又一次在人生的苦海裏掙扎,茫茫然,迷失了方向,無奈、痛苦……

總在電腦上瘋狂地敲打文字,一直抒寫著一些別人無法讀懂的悲傷,在寂靜的夜裏輕輕舔舐傷口。其實我也不想,不想宣揚我的悲傷,也不是在告訴別人,我有多麼的痛苦。生活給了我太多的無奈,我只能把它們分解、支離破碎,然後用文字拼湊,這是我對自己情緒的一種發洩。

我就像幽靈一般,討厭光明,期待黑暗。在每一個深夜,抱著本本,帶著憂鬱的眼神敲打憂傷的文字,寫著永遠也寫不完的哀愁。繁雜的思緒擾亂每一根心弦。我知道,我情願帶著傷痛成長。只是,不知道這算不算是一種自虐。就算是,我也情願,因為我需要這種感覺時刻提醒我,這是自己選擇的路,沒有任何理由與藉口去怨恨別人。

總是在忙碌中忘記,當某天驀然回首,才發現,自己原來是在上演獨角戲。刹那間,心,空空如是的悲涼!都說快不快樂由自己選擇,可我那麼努力,卻還是無法做到快樂!

有些感情,明知不會有結果,卻無法做到灑脫放手。有些人,明知道不值得為他付出、不值得去珍惜,卻還是讓自己淪陷。面對一份傷痕累累的感情,我無法做到心靜如水。面對自己已經付出的感情,我也無法做到心如止水。

也許,有些愛不值得一提。這真得很殘忍,但卻不得不承認,雖然痛徹心扉。我就像一只斷了線的風箏,隨風逐流,粉身碎骨就是我的下場,我的歸宿。有人說,當愛一個人愛的沒有自尊的時候,也是最無藥可救的,這是真的嗎?

燈火闌珊處,我的夢,碎了!明知多情苦,卻還是躲不過。你看到我深深的眷戀與不舍了嗎?  


Posted by 寒风瑟瑟 at 16:20Comments(0)